問題のフレッツのセキュリティー

e-machine N2380

音が出ないことと、動作が鈍いと言うことです。

10月にメーカー修理でマザーボードを交換されたそうです。

音はミュートにチェックが入っているだけでした。

動作が鈍いのは、フレッツ光プレミアムのセキュリティーが原因だと思います。

パソコンのスペック的には通常ならば動作環境条件をクリアはしてますが、このセキュリティーを設定したとたんにパソコンが鈍くなるというお客様の多いこと・・・

ご存知でしょうがフレッツ光が無料で提供しているセキュリティーソフトはウイルスバスターです。

当社でもこのフレッツのセキュリティーをテストしましたが、ハイスペックパソコンに入れても不具合の連続、とても仕事使用のパソコンには入れていられません。

と言うか、NOD32(キヤノン)を一度使うと他のセキュリティーソフトは使えなくなるほど快適です。

NTT曰く、「パソコンを守る為ですから、動作が鈍くなっても我慢して下さい」とのこと。

一理はありますが、無料で使えるのにも関わらず、当店推奨NOD32に替える方は多いです。

とにかく、セキュリティーソフトが原因でパソコンが動作不良をおこし、ご来店されるお客様は後を絶ちませんが、NOD32に替えて頂いた後のクレームは一件もありません。

本音を言うと、NOD32よりも他社製品を提供させていただいた方が利益は高いのですが、修理屋の立場からするとお勧めできません。

勿論、今回のお客様もNOD32をインストールさせていただきました。

パソコンの動作不良、特に動きが鈍いパソコンは殆どセキュリティーソフトが原因です。

お困りの方は是非お気軽にお問合せ下さい。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/xd435899/e-pino.com/public_html/wp-content/themes/lineday-child/library/underscores/template-tags.php on line 26
パソコン

コメントを残す